台湾はもはや物価が安い街ではない

 

こんにちは。もえやんです。

また更新が泊まってしまいました…合宿や出張やらでなかなか書く時間が取れず。

移動が多いと更新が鈍りますね。もうすこし穏やかに生きたいと思います。

 

さて今日は半年ぶりくらいに台湾出張へ行ってきたので、台湾のことを記したいと思います。

 

台湾はもう「物価が安い場所」ではない

今回の出張で感じたことです。台湾ドル-円のレートもあるかもしれませんが、半年前より物価が上がっているなと感じました。

私が出張中にながら購入したものは下記。(2018/12/2時点。1元=3.6円で計算)

  • 水(14元、50円)
  • おにぎり1個(28元、100円)
  • コンビニの筒状の紅茶(28元、100円)
  • 屋台で買ったおまんじゅう(50元、180円)
  • 街でふらっと入ったカフェのコーヒー(80元、288円)

これだけ見ると、ほとんど日本価格と一緒ですね。半年前もこんなに高かったっけなぁ。

調べてから行ってみたレストランなどもありましたが、読んだ記事からは単価が少しあがっているものがほとんどでした。

 

日本と比較して安いものはインフラ。私が使った交通機関だと、日本よりもずっと安価でした。

  • ローカルの地下鉄(近い移動だとだいたい20元、72円)
  • バス(一律15元、54円)

タクシーは今回使いませんでしたが、調べた感じだと1km、Uberで700円〜800円くらいなのでやっぱり高い。。日本と変わらないですね。

 

圧倒的な食の街

私はとにかく食べることが好きなのですが、もう本当に美味しすぎて住みたいです。中華マンセー

もちろん小籠包食べましたし、

 

麺類も最高に美味しかったし、

朝ごはんも体ぽかぽかにしてくれますし、

(右にあるリアル豆乳がめっちゃ美味しかったです)

この、あやしい通りにあるお店のおまんじゅうも激ウマ

魯肉飯なんて気絶するかと思いました。

 

何を切り取っても美味しいのは台湾の素敵なところですね。

(お腹が1つじゃ足りない、と何度思ったことか…)

 

ちなみに食べたところはこちらです。全部ハズレなかったので、近い方はぜひ行ってみてください。

小籠包、麺:金品茶語(https://goo.gl/maps/gjbZroQeTaT2)

朝ごはん:世界豆漿大王(https://goo.gl/maps/dhyDbtPVd562)

おまんじゅう(胡椒餅):福州元祖胡椒餅 (https://goo.gl/maps/Rjvqx8Ba1HN2)

魯肉飯:四方阿九魯肉飯(https://goo.gl/maps/Fojrm1BCUWC2)

 

圧倒的おしゃカフェ

セブを出ても作業しているのはこれが理由です…女子なのでカフェ好きなんです…

 

ふらっと入った「LOUISA COFFEE」はどの店舗もおしゃれ。

 

電源を求めて調べて入った「Caffe Bene」は韓国料理も食べれたりするようで、若者がたくさんいました。

 

どこも冷房強めなので、羽織るものを持っていくことをお勧めします。

 

台湾に住みたい

台湾で食べた中華がすべて美味しかったので、住みたいという感想しか出てきませんでした。

もう少し英語ができたらなぁと思いますが、日本と同じレベル感ですね。日本語ができる人も多いし、ローカルですら日本語のメニューも出てくるので不自由はしないと思いますが…。

 

この時期の気候は寒すぎず暑すぎずなので、とてもおすすめです。

次は旅行でゆっくり回りたいな。

 

 

以上、もえやんでした。Peace!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です