グローバルなチームで働くときに覚えておくこと

How’s everything going? This is moeyan.

こんにちは。もえやんです。

 

私は今セブ島で働いていますが、同僚にはフィリピン人が多く、台湾人もいたりします。

前職と比較し比較的グローバルなチームで働いているので、気付きもとても多くあります。わたしが働いていて気づいたことや、会社の人から教わって学んだことを記していきたいと思います。

 

ちなみに日本人は、グローバルスタンダード(時間を守る、期日を守る等)の水準はめちゃめちゃ高いなと思います。一緒に仕事する上で、信頼をおける割合が高いのも日本人かと思います。

 

1人に伝えたことは全員に伝わっていると思え

日本人の尊敬すべきところは、口が堅いところかなと思います。

フィリピンでは、1人に伝わった情報は全員に伝わります

情報の伝達タイミングと、正確さは非常に重要です

 

給料情報ですら、同僚や、聞かれたら知らない人にまで(!)言っちゃうので、「言わないでね」は基本守られないと考えるが吉です

 

ステータスを重んじる

日本でも「上司が言うから」といって意思決定が行われることが多くありますが、日本を出るとこれが顕著です。

 

フィリピン人や台湾人は、基本的に「ボスの言うことは絶対」な風習があり、物事を進めたいときは「ボスが言ってたから」と伝えれば大抵のことはうまくいきます。

逆に、部下からすると上司への物事の伝えにくさが発生するので、意図的にフラットな関係でいようと努めることも同時に大事です。

 

 

ストレスのはけ口をつくってあげないとストライキ起こす

フィリピン人は縦のつながりには従順で、加えて横のつながりがとても強くおしゃべりなので、あまりに負のエネルギーが溜まりすぎると会社に対して団体で声明文出してきたりします

 

一方でやっかいなのは、「最近困っていることある?」と上司が直接聞いても、上司と部下という関係から「ありません」と答えるだけであって、なかなかストレスを口にはしてくれません。

 

ここで大事なことは、周りから情報を聞き出すこと

こんな感じです。

私「最近Aさん、若干疲れてるみたいだけどなんか聞いてる?」
Bさん「これこれが忙しいみたいですね」
私「ふむふむなるほど、ありがとう」

– 別日

私「最近忙しいみたいだけど、これで悩んでるの?」
Aさん「そうなんです、実は…」

 

と、自分の中で答えや選択肢を持っておいて、クローズドクエスチョンで聞いてあげることが大事です。

 

指示はオプションCまで出す

基本的には、彼らは言われたこと以外はやってくれないと考えましょう

やり遂げてほしければ、オプションCくらいまで提示してあげることが大事です。

 

例)

  1. 何か買い物をお願いする(オプションA)。
  2. お目当てのものがないとする。そうしたらどう行動すべきかを支持する(オプションB)。
  3. その行動も不可能だったらどうするかを支持する(オプションC)。

フローチャートを思い浮かべて指示するのがいいかも。

 

ちなみにフィリピン人や台湾人以外にも汎用的なようです。

 

また、進捗は聞かない限り教えてくれません。こちらから積極的に声をかけ、クローズドクエスチョンにしながら意見を求めましょう。

 

モチベーションのありかは「成長」ではない

海外にきて、私が一番驚いたポイントです。

 

「成長したい」「ステータスがほしい」という意欲ではなく、「目の前に仕事があって、仲間がよくて、居心地が良いからこのまま居続けたい」という理由で仕事をしている人が多いそう。

誰とどういう環境で働くか、ということを考えるのも仕事のうちということでしょうか。

 

また、同居人のけんちゃん(@QtPay)が教えてくれましたが、タイ人は成長欲を欠く人が多いそうです。

これは「輪廻転生」という宗教的な考え方に基づき、現世でがんばらなくても、来世で頑張れば良いと思っているからなんじゃないかと言ってました。

 

※ちなみにタイ人はそのモチベーションの上で外国人に英語で支持されると癪に触るそうで、けんちゃんはタイ語を覚えてフェアな関係を築き仕事していたそうです。すげぇ。

 

私の失敗談から学ぶ、国籍が異なるメンバーとの働き方

私は同い年の台湾人の上長として従事していたことがあるのですが、彼が任期を終え帰国する際に長文のメールが全員に向けて送られてきました。

 

「日本人は忙しすぎる」
「マーケティングとして他の方法を試すべき」
「なぜこのルールが必要なのかわからない」

 

など、職場が好きだからこそ伝えたかったと言ってくれたのですが、帰国のタイミングで吐露させてしまったことに対しては深く反省しました。

業務上で、また、飲みの席でも「不満ある?」とか「改善ポイントある?」などをことあるごとに聞いてみたのですが、特になく満足だと言っていました。

 

近すぎず、遠すぎない距離感を保つのはとても集中力のいることで、意識しないとできないことで、彼の返答に甘んじて、そこに時間を割かなくても良いと思い込んでしまっていたな、と。

 

ゴールに向かって一緒に仕事をすることはもちろん大事ですが、一緒に頑張っている仲間の気持ちに向かって時間を使って思考することも大事だと学びました。

 

 

ここまででおわかりかと思いますが、国籍や文化を超えて仕事をすると、想像力がめちゃめちゃ豊かになります。楽しいよ。

 

以上、もえやんでした。Peace!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です